銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融の違い

お金を手軽に借りられるところでは、消費者金融のほかにも銀行系カードローンがあります。以前の銀行はお金を借りる際に手間がかかったり、審査が厳しい事もあり直ぐにお金を借りられる所ではありませんでした。しかし、銀行と消費者金融が提携したり、独自のカードローンを提供するようになり、消費者金融並みの借りやすさを実現させています。消費者金融に対抗するためや、小口でお金を借りたいニーズなどに対応するものと考えられます。

 

では、銀行系カードローンと消費者金融ではどのように違うのでしょうか。仕組みを知る事で、どちらが本当に自分に適しているのかが分かりやすくなります。総量規制が導入されたため、年収の3分の1しかお金を貸すことができなくなりました。銀行は適用外で、消費者金融のみが関係しています。つまり高額な融資を受けるなら、銀行系のほうが有利です。それでも審査は消費者金融より厳しいため、誰でもお金を借りられるわけではありません。また、大口の融資を受けてしまうと、収入に応じた返済額にならず返済に困る可能性もあると言えます。総量規制は利用者を守るためのものですから、借入金額が多いからといって安易に銀行系カードローンに手を出さないほうが良い場合も有るでしょう。